ホーム>活動報告

活動報告

日本橋三越にてはじまりのCafe<クリナップ>日本酒&チーズのセミナーを開催しました

8月1日(火)、日本橋三越本店にて、はじまりのCafe<クリナップ>セミナーを開催しました。

午前と午後の2講座を、花・芸術文化協会所属の原こずえ講師、ながや千広講師、私 早川由紀が講師を務めました。

201786224814.png

講座は前半はテーブルコーディネートとフラワーアレンジメントの実践、後半は午前のテーマの日本酒、午後のテーマのチーズについてテイスティングをしながら学んでいただくスタイルです。

 

午前の講座は「日本酒とフレンチアミューズのマリアージュ」

前半は、原先生のテーブルコーディネートとフラワーアレンジメントのセミナー。

夏の日本酒ボトル、青色をイメージした涼やかなテーブルコーディネートとフラワーアレンジメント。

原先生テーブルコーディネート

参加者の皆様にも青色の花材「デルフィニウム」を用いてアレンジメントに挑戦いただきました。

青色の花、デルフィニウムのフラワーアレンジメント

後半は、私、早川由紀が日本酒とアミューズのペアリングについてセミナーを進行しました。

原先生の故郷、三重県の「るみ子の酒」と、ながや先生の故郷、岐阜県の「百十郎ブルーウェーブ(青面)」をテイスティングしながら、日本酒について学びます。また、アミューズ3種とのペアリングも楽しんでいただきました。

枝豆と豆腐のスムージー仕立、コンソメジュレ添 マグロと山芋とアボカド、スモーク醤油風味&オリーブとドライトマトとチェリーモッツアレラのカナッペ、スモークオリーブ風味

アミューズは「枝豆と豆腐のスムージー仕立、コンソメのジュレ添」「マグロのづけと山芋とアボカド、スモーク醤油風味」「オリーブとドライトマトとチェリーモッツアレラのカナッペ、スモークオリーブ風味」です。

日本酒と料理とのペアリングのコツは、「日本酒の酸、甘み」と「料理の酸」の合わせ方。日本酒の「旨み」と、料理の素材の「旨み」の合わせ方です。

日本人は、口の中にお料理を含んだまま、飲み物を口に含み、口の中で新たな味わいを楽しむ食べ方をする民族です。

一方、西洋ではナイフとフォークで一口サイズにした料理を口に含み、口の中の食べ物がなくなったら、ナプキンで口の周りを拭い、次に飲み物を口に流し込み、口の中をリフレッシュさせ、再び料理楽しむという食べ方をします。

ですから、日本酒を「第2のソース」と捉え、料理を食べながら日本酒を口に含んだときの風味を計算します。

201786231040.png(当日の資料の一部)

2020年の東京オリンピックを控え、訪日外国人が増加しつつある昨今、英語で日本酒を説明するキーワードもお伝えさせていただきました。

 

午後の講座は「女子力アップ、美活レシピ「チーズのある豊かな食卓」

前半は、ながや先生のテーブルコーディネートとフラワーアレンジメントのセミナー。
 
201786231650.jpg

 

活力が増し、元気になる色「黄色」をイメージしたひまわりのフラワーアレンジメント。
 
201786233434.jpg 201786233614.jpg
 
後半は、私、早川由紀が健康と美容に効果のあるチーズの栄養についてセミナーを進めました。
 
チーズの6タイプ(フレッシュ、シェーブル、白かび、青かび、ウォッシュ、ハード)と、健康や美容に効果があるチーズの栄養について説明。
 
また、5種類のチーズ「サントモールドトゥーレーヌ(シェーブル)」、「ガレ・ド・ラ・ロワール(ウォッシュ)」、「ブルー・デ・コース(青かび)」、「ブリヤ・サヴァラン・アフィネ(白かび)」、「コンテ(ハードタイプ)を、テイスティングをしながら、チーズを日々の食卓に取り入れる工夫を楽しんでいただきました。

20178622406.jpg 20178623427.jpg 201786234255.jpg

チーズをディスプレイする器は、ながや先生のご主人のお手製。「川の流れをイメージ」とお伝えしたら、こんな素敵な器が完成。高さも変えられるので、商品化もあり得る!?

201786235516.png(当日の資料の一部)

 

201786234438.jpg 20178622437.jpg

20178793659.png原講師 ながや千広ながや講師 20178793758.png早川講師

雨模様の火曜日でしたが、多くの方にご参加を賜り、心より感謝申し上げます。

 

20178793123.png
左より窪田みゆき様、ながや講師、早川講師、原講師、鬼頭郁子先生

 

原先生、ながや先生、コラボセミナー、ありがとうございました。

そして、開催までにご指導ご鞭撻をいただきました、クリナップ窪田様、花・芸術文化協会理事長 鬼頭郁子先生に深く御礼申し上げます。

 

 

千年の色彩「源氏物語」を繙(ひもと)く 漆器の能作でしつらいを担当しました

「加賀蒔絵の担い手たち 金沢 漆工芸展」 2017年 4月29日(土)〜7日(日) 午前10時より午後7時 漆能作 金沢 広坂本店 二階にて開催 ... コーディネートを担当させていただきました。

 

201761715443.jpg

201761715457.jpg

201761715464.jpg

Photo by Yuji Komatsu

 

 

 

花・芸術文化協会の作品展@大塚家具 銀座本店ショールームに参加しました

4月14日から16日まで、大塚家具 銀座逸品会 ~世界の逸品に巡り会う旅への誘い~が開催されました。 花・芸術文化協会の一員として、テーブルコーディネート作品を飾らせて戴きました。

テーマは「光と輝きのロイヤルナイト」

2017617181644.jpg

 

花・芸術文化協会 理事長、鬼頭郁子先生にご指導をいただきました。

花・芸術文化協会所属の先生方の素敵な作品が紹介されています。 詳しくはこちら(花・芸術文化協会Webサイト)>>

「いしかわ伝統工芸フェア2017」のしつらいを担当させて頂きました

 

2月3日から2月5日、東京ドームプリズムホールにて「いしかわ伝統工芸フェア2017」が開催されました。 「とよた真帆コレクション」のしつらいを担当させて頂きました。

 

2017617182611.jpg

 

第1回日本最優秀フロマジェ選手権大会に出場しました

FROMAGER JAPAN 2017
第1回日本最優秀フロマジェ選手権大会

優勝  高橋洋
準優勝 笹井純子
3位  早川由紀

会場人気プラトー賞 早川由紀
サヴァンシア賞   早川由紀

 

201761718288.jpg

 

主催:日本チーズアートフロマジェ協会 CAFAJ

 

鬼頭郁子先生のセミナーにてテーブルコーディネートをさせていただきました

11月10日、金沢東急ホテルで、鬼頭郁子先生のテーブルコーディネートセミナー&ランチが開催されました。

花・芸術文化協会で鬼頭郁子先生を師事する生徒の皆様もテーブルコーディネート作品を披露。

会場を華やかにいろどりました。

「蒼 〜魅せられて〜」をテーマに、かねてより創りたいと思っていた作品で参加させていただきました。

2017617183954.jpg

美・プレミアム「ライフスタイル - 美・セレブ サロン」で金沢を紹介しています

美・プレミアムWebサイトの「ライフスタイル - 美・セレブ サロン」で金沢を紹介しています。

201761716163.png

 

美・プレミアムとは

美・プレミアムは「世界は美しい!」を合言葉に、日本、フランスをはじめとするヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、世界中の「美」を1冊に集めることをコンセプトにした女性誌です。今年2016年3月で5周年を迎えます。(2012年3月に1号発刊)。発売は3月、6月、9月、12月の各下旬の年4回、全国の書店にて発売中。2013年フランス観光開発機構主催「フランスルポルタージュ大賞」を受賞。
美・プレミアムで取り上げる「美」はじつに多彩です。カルチャー、ファッション、芸術、美食、スイーツ、ワイン、旅、美容、雑貨、日常品、ヒトに至るまであらゆる本物の「美しさ」を毎回、心揺さぶる美しい写真とともにお届けします。読者ターゲットは美の感性と、上質な人生と、豊かな生活を楽しみたいと願うプレミアムでセレブな女性たちです。
2016年1月27日からオフィシャルwebサイトを公開。インターナショナルな「美」についての情報をwebでも発信します。

(美・プレミアムWebサイトより)

美しい工芸 花百選 いしかわ伝統工芸フェア2016(東京ドームシティ)のしつらいを担当しました

水道橋プリズムホールで開催された「いしかわ伝統工芸フェア2016 美しい工芸 花百選 」にてしつらいを担当しました。

 

201761715723.jpg

「花待ちの宴」

移りゆく季節 鮮やかに姿を変える風景
時雨はやがて 霰や霙に変わり
鰤起こしに 驚いていると
夜のうちに 街はすっかり雪景色
雪の声を聴きながら ひたすら春の兆しを待つのです
ひと足早く 春を告げる フリージアの花
花言葉は あこがれ
石川が開発したフリージア エアリーフローラ
花の精が 軽やかに 踊りだすようです
石川の春
花々が いっせいに咲き誇るときを
あこがれて

 

日本初のフロマージュ・カービングコンテスト優勝「ミダス王の黄金の薔薇」

10月9日(金)~15日(木)、港区南青山のCOMMUNE246で〝FROMAGES VILLAGE”が開催されました。

ヨーロッパのフロマージュ試食体験、フロマージュと飲み物やスパイス、ジャムとのマリアージュ体験レッスン、「コンテ」チーズを使った日本初のフロマージュ・カービング(彫刻)コンテストなどのイベントが行われました。

10月10日、フロマージュ・カービングコンテストに参加しました。

参加者それぞれがテーマを決め、コンテ1/8カットを40分でカービングします。
私のテーマは「ミダス王の黄金の薔薇」。
神話に登場するミダス王は、その手が触れたすべてを黄金に変えてしまう力を持ちます。
私とってチーズは大切な宝物のような存在。美しい黄色のコンテチーズにバラを彫刻し、黄金のバラに例えました。「ミダス・タッチ」という名前のバラもあるのをご存知ですか。

チーズは高価なので、リーズナブルな大根やにんじん、りんごをなどを購入し、毎晩練習してコンテスト本番に挑みました。

40分はあっという間。

一緒に挑戦した桝田規夫さんのテーマは「牛」。島野ひとみさんは「ハロウィーン」。
各自の個性が表れています。

結果は。。。





優勝をいただきました。




参加者のみなさん、会場のみなさん、審査員の方々、スタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
カービングを教えてくださったナッタヤ先生にも感謝しています。


コンテストの間は写真をとる余裕もなく、緊張で震える身体をなんとか落ち着かせることで精いっぱいでした。お写真をわけていただき、感謝しています。


FROMAGES VILLAGEの村長、タレントのJOYさんは、コンテスト中も「ユキチャン、どのような作品ですかぁ」とお話ししてくださって、感動しました。
とっても背が高いことにも驚きました。
 

貴重な機会をいただきましたことに、心より感謝しています。

チーズの仲間が集う空間で、チーズのイベントに参加できことも、感激です。

これからもいろいろなアプローチで「チーズ」と関わって参りたいと願っています。

まだまだ課題はたくさんありますが、今日は、今の力を使いきった感じがします。



これからも精進いたします。どうぞみなさまよろしくお願い申し上げます。

「世界最優秀フロマジェコンクール」石川県の伝統工芸とチーズのコラボレーション

6月7日から9日までフランスの中西部の町、トゥールでチーズの乳製品の見本市「モンディアール・ド・フロマージュ」が開催されました。

メインイベントは「世界チーズコンクール」と「世界最優秀フロマジェコンクール」。

その「フロマジェコンクール(「フロマジェ」とはチーズのスペシャリストのこと)」に出場しました。

 

昨年末に一次審査があり、世界から12名が選ばれました。

6月6日の前日、選手はトゥールのコンベンションセンターに集合し、7日の試験に必用な副食材をマーケットで購入することから始まります。

7日の試験は朝9時から17時まで一日中。言語はフランス語または英語のみ。

舞台上で観客が見守る中、料理二品、大小のチーズプラトー制作、チーズの彫刻といった5つの課題を4時間内でこなしたり、英語のスピーチや筆記試験、テイスティングやチーズカットの試験がありました。

 

石川県の伝統工芸とチーズのコラボレーションをテーマに課題に挑みました。

 

入賞はできませんでしたが、大きなプラトー作品には「Magnificent!」と評価を受けました。この貴重は経験を命の輝きとして、今後に活かせるよう、さらに精進いたします。

 

 

201562131743.jpgコンクール前日、選手はトゥールの市場で副食材を制限時間内に予算150ユーロ内で購入


 
201562131920.jpg道具類も日本から持参

 

201562132014.jpg201562132521.png日本から大切に運んだ三良坂フロマージュのチーズ「カレ・ド・ラヴァンド」を、ジャッジの前でプレゼンテーション

 
201562132646.jpg世界から集まった12名の選手たち

 

201562132751.jpg祖母の形見の輪島塗と、叔父の形見のグラスにチーズの料理を作成

 
201562132850.jpg「チーズの彫刻」の課題

 

 

201562133120.jpg

100cm×100cm×100cm内にチーズを用いたディスプレイを作成

 

201562132949.jpg石川県の伝統工芸とチーズのコラボレーションをテーマに課題に挑みました

PAGETOP