ホーム>天使のためいき ぶどうの涙>ゆきのまち通信(2012年5月号)
天使のためいき ぶどうの涙

ゆきのまち通信(2012年5月号)

センスアップ ゆきぐに暮らし 金澤

早川由紀 文・写真 (ライフコーディネーター)

雪国人の桜どれ

春の心は のどけからまし

ゆきのまち通信:春はのどけからまし

殊のほか寒く長かった今年の冬。

桜の開花を心待ちにしました。

暖かい日が一日あり、
あっという間の満開です。

金沢の街は桜色に染まり、
人々は散らないうちにと、
あちらの桜、こちらの桜と、
街中を駆けめぐるのです。

夕桜は、はかなく、
夜桜が曲水に映えるのは妖しげです。

冬の間に秘めていた内なるエネルギーを
一気に放ち桜に酔う。

桜どれの日々です。

隔月刊(奇数月1日発行)「ゆきのまち通信」企画集団ぷりずむ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wakonn.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

PAGETOP