ホーム>What's New

What's New

かなざわまち博2013屋台大学「金澤和魂洋才:食とワイン/食と日本酒」

8月11日、12日、「かなざわまち博2013」の屋台大学にて「金澤和魂洋才:食とワイン/食と日本酒」の講座を開催しました。 2013816151142.png 会場は、市内の中心部にある、水溜町のビストロYUIGA。坂田シェフとソムリエールの奥さまが、金沢の町屋で、洗練されたフレンチをサービスしてくださいます。 坂田シェフに屋台大学で協力をいただき、今年で7回目を迎えました。集大成の気持ちでお客様をお迎えさせていただきました。 食とワイン講座では、中央葡萄酒の三澤彩奈さまにご協力いただきました。 ワインはグレイスの「グリド甲州」「ロゼ(CS,CF,Me)」「シャルドネ」「メルロー」を、金沢の食材と合わせて楽しんでいただきました。 アミューズは、太キュウリの能登ワイン煮とモッツァレラチーズの能登かぼちゃグラスムース。 オードブルは、ブルーチーズのスワンとプチトマト。甘唐辛子のマリネ。能登栗かぼちゃのテリーヌ。小坂レンコンと茗荷のマリネ。 魚料理は、黒鯛のポワレ、サヴォワ風。車鯛の編み込み、赤ピーマンソース。 肉料理は、牛肉のワイン煮込み、ムタードソース。バベットステーキのソテー添え。 食と日本酒講座では、車多酒造の車多一成さまと、数馬酒造の数馬嘉一郎さまにご協賛いただきました。 お料理と合わせた日本酒は、蔵元・杜氏・酒販店・飲食店・お客の五者が凛とした関係で楽しめることをコンセプトにした「五凛」の純米生酒、純米酒。そして天狗舞山廃純米。デザートとして日本酒で作った梅酒を楽しんでいただきました。 2013816151545.png テーブルを華やかに彩ってくれたのは、九谷焼の鏑木商舗8代目鏑木基由さまにご協力をいただいた、九谷ワイングラス。ロブマイヤーやリーデルなどワイン専用のグラスを、九谷焼のステムに接着した高度な技術で開発した酒器です。モダンなデザインやクラシックなデザインの九谷焼文様が、町屋の雰囲気をさらにロマンティックにしていました。 2013816151317.png 2013816151447.png 多くの方に、和と洋の混合「和魂洋才」を体験していただき、楽しんでいただきたいと願っています。 これからも、年々バージョンアップを目標に、これからも精進します。

港区「芝地区地域情報誌」の編集委員をしています

201364172215.png

港区「芝地区地域情報誌」の編集委員をしています。

最新号は港区公式ホームページよりご覧いただけます。


 

【バックナンバー】 過去の取材記事はこちら

 

芝地区地域情報誌 第42号

芝地区地域情報誌 第41号

芝地区地域情報誌 第40号

芝地区地域情報誌 第39号

芝地区地域情報誌 第38号

芝地区地域情報誌 第37号

芝地区地域情報誌 第36号

芝地区地域情報誌 第35号

芝地区地域情報誌 第34号

芝地区地域情報誌 第33号

芝地区地域情報誌 第32号

芝地区地域情報誌 第31号

芝地区地域情報誌 第30号

芝地区地域情報誌 第29号

芝地区地域情報誌 第28号

芝地区地域情報誌 第27号

芝地区地域情報誌 第26号

芝地区地域情報誌 第25号

芝地区地域情報誌 第24号

芝地区地域情報誌 第23号

芝地区地域情報誌 第22号

芝地区地域情報誌 第21号

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

 

 

芝地区地域情報誌 第20号

芝地区地域情報誌 第19号

芝地区地域情報誌 第18号

芝地区地域情報誌 第17号

芝地区地域情報誌 第16号

芝地区地域情報誌 第15号

芝地区地域情報誌 第14号

芝地区地域情報誌 第13号

芝地区地域情報誌 第12号

芝地区地域情報誌 第11号

芝地区地域情報誌 第10号

芝地区地域情報誌 第9号

芝地区地域情報誌 第8号

芝地区地域情報誌 第7号

芝地区地域情報誌 第6号

芝地区地域情報誌 第5号

芝地区地域情報誌 第4号

芝地区地域情報誌 第3号

芝地区地域情報誌 第2号

芝地区地域情報誌 創刊号

ゆきのまち通信(5月号)に掲載されました

センスアップ ゆきぐに暮らし 金澤

早川由紀 文・写真 (ライフコーディネーター)

秘密の花園

江戸時代の紋切りあそび

201364155349.jpg

新緑の季節。

窓の外は陽の光があふれ、
樹々の葉は輝いています。

しかし部屋の中はひんやりと暗く
静まりかえっている。

そんな図書館で、
少女の私は「秘密の花園」を読んだのです。

閉じられた花園を甦らせる物語を
思い出しながら
和菓子で私の花園を創ってみました。

緑蔭でのお茶会をどうぞ。

隔月刊(奇数月1日発行)「ゆきのまち通信」企画集団ぷりずむ

ゆきのまち通信(3月号)に掲載されました

センスアップ ゆきぐに暮らし 金澤

早川由紀 文・写真 (ライフコーディネーター)

待春・惜春

マカロンスタンドはフランス製

2013641613.jpg

ゆきのまちでは
暦に立春の二文字をみつけると
ほっとします。

ほんものの春は、なかなか来ないのですけれど、
そんな休日、淡い色のお菓子と
香り高いハーブティはいかが?

マカロンの 春色うれし 午後のお茶      美雪

そして四月、ゆきのまちは花のまちに。

人々は散りゆく花を惜しむのです。

春よゆくな。惜春の思いがつのります。

隔月刊(奇数月1日発行)「ゆきのまち通信」企画集団ぷりずむ

リニューアルに伴うメールについてのお知らせ

日頃より、弊社をご愛顧頂きありがとうございます。

さて、ホームページのフルリニューアルに伴い、メールサーバーも変更することとなりました。変更による弊社連絡先のメールアドレスの変更は一切ありません。また、お客様や日頃よりご愛顧頂いているお取引先様も特に設定変更などの必要はありませんが、DNS登録内容の変更により、メールの送受信の遅延や場合によっては不達などの可能性があります。

本日より2、3日は、念のためお電話でもご連絡を頂くか、送信したメールの返信がなかった場合は、お手数ですがお電話でお問い合わせをして頂きますようお願い申し上げます。

ご不便をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

ホームページのリニューアルのお知らせ

弊社のホームページをご利用いただきありがとうございます。

弊社では、ホームページをより便利にご利用いただくため、フルリニューアルを行いましたことをお知らせいたします。

この度のリニューアルではトップページのURLは変わりませんが、トップページ以外のページのURLが変更となりました。各ページをブックマーク等に登録されている方は、お手数をおかけしますが変更をお願いいたします。

今後は、情報が充実した皆様に愛されるホームページとなるよう内容の充実を図るのはもちろん、きめ細かな情報をタイムリーに発信していく所存です。

ぜひぜひ、本サイトへの変わらぬご愛顧のほど、皆様どうかよろしくお願いいたします。また、今後とも弊社へのお引き立てのほどをよろしくお願いいたします。

ゆきのまち通信(5月号)に掲載されました

センスアップ ゆきぐに暮らし 金澤

早川由紀 文・写真 (ライフコーディネーター)

雪国人の桜どれ

春の心は のどけからまし

ゆきのまち通信:春はのどけからまし

殊のほか寒く長かった今年の冬。

桜の開花を心待ちにしました。

暖かい日が一日あり、
あっという間の満開です。

金沢の街は桜色に染まり、
人々は散らないうちにと、
あちらの桜、こちらの桜と、
街中を駆けめぐるのです。

夕桜は、はかなく、
夜桜が曲水に映えるのは妖しげです。

冬の間に秘めていた内なるエネルギーを
一気に放ち桜に酔う。

桜どれの日々です。

隔月刊(奇数月1日発行)「ゆきのまち通信」企画集団ぷりずむ

PAGETOP